ルバンシュの考え方

ルバンシュの考え方

ルバンシュの考え方

毎日のスキンケアだからこそ
より安全に。より安心できるものを。
ルバンシュの原点が、ここにあります。

口に入れても大丈夫な化粧品。それは私たちの化粧品づくりにおける原点です。
ルバンシュでは、クレンジング・洗顔・化粧水をはじめとする多くの商品を
100%食用成分で実現。オレンジ、オリーブ、ニンジン、コメ、とうもろこしなどの
植物から抽出した美容成分をはじめ、防腐剤も天然にこだわり、
国産のローズマリーエキスをはじめ、ワサビや大根由来の成分を組み合わせて使用しています。

本社外観

本社外観

エントランス

エントランス

研究室

研究室

研究・開発

研究・開発

クリーンルームでの製造

クリーンルームでの製造

ボトルへの充填

ボトルへの充填

ルバンシュの考え方

化粧品にありがちな流行やファッション性を追求するのではなく、あくまでもスキンケアの基本に立ち返り、肌に良くそれでいて人にはもちろん自然環境にもやさしい、基礎化粧品及び医薬部外品の製造及び販売を行なっています。
ルバンシュの代表作は、食用成分100%のリップクリームです。化粧品の中でもっとも口に入る可能性が高い唇用化粧品に、ニンジンや大豆などの食用成分のみで製造したリップクリームは、発売以来100万本以上の販売数を誇るロングヒット商品となっています。
食べられるほど安全な化粧品。ルバンシュの化粧品づくりの基本コンセプトです。
肌の老化を促進する紫外線を予防する商品開発にも注力しており、中でも幼児期からの紫外線対策に重点をおき、「お子さまが自分でも簡単に塗れるスティックタイプ」の日焼け止めや、「ご家族全員の紫外線対策が日常化してほしい」という願いから、ハンドソープのような大容量ポンプ容器の日焼け止め乳液も商品化し人気を呼んでいます。スキンケアの中でのUV対策の重要性を訴え、習慣化していただくことがお肌の健康を守るための使命と考えています。

ルバンシュの誕生

創業者である千田和弘はもともと、食品研究会社に勤めていました。ある時、化粧品の成分を分析する機会があり調べたところ、既存の化粧品の中には、体内に入ると害のある成分が含まれていることを知ります。
「生涯で食べてしまう化粧品の量が1.7kgにもなる」という説もあり、化粧品は唇に塗るものをはじめ、微量ながら体内にも入り込んでいるはずで、少ないとはいえ体にいいはずがありません。そこで、体の中に入っても害のない、安全な化粧品を作りたいという思いから、平成2年にルバンシュを設立。社名及びブランド名の「ルバンシュ」は、フランス語で「復讐」の意味があり、化粧品業界に一石を投じたいという思いからの命名でした。

ルバンシュの化粧品づくり

ルバンシュは商品の研究・開発から、製造、通信販売までを一貫して行っています。商品の研究・開発には特に力を注いでおり、期間を定めずに納得のいくまで研究を重ねるのが特徴です。
これまでの化粧品の概念にはなかった、独自性の高い製品づくりには、研究に膨大な時間が費やされるのは当然のこと。出来上がった試作品を社内全員で使用感を試して改良し、さらなる完成度を目指していきます。2~3年に一度というペースですが、安易な妥協をせず、自分たちの理想に向かって納得のいく製品をつくり上げるスタイルが、ルバンシュならではの安心できる製品を生み出していきます。

ページトップへ